洗浄プロセスにおける装置技術

遠心分離洗浄プロセス

回転エネルギーによる浸漬槽内での洗浄

遠心分離洗浄システムは、小スペースに設置可能で、洗浄・リンス・乾燥のすべての工程を一つのチャンバー内で行うことができます。このシステムの動作原理は、プロセスチャンバー内の部品の回転であり、これにより不純物が流動力によって分離されます。

製品を洗浄液に浸した状態で回転させ、回転は一定時間ごとに反転し、ほぼすべての方向に洗浄液の流れができます。この力の組み合わせにより、フラックスがすばやく溶解され、部品と基板間から洗い流されます。浸漬洗浄後、リンス液(通常はイオン交換水)を回転中の製品に流し、残渣を再堆積させずすぐに排出します。乾燥サイクルは、チャンバーにきれいな熱風を入れ、製品を連続回転させることで完了します。