5G にまつわる技術課題例<フラックス洗浄の必要性>

前回は、5Gにまつわる技術課題の解決策をご紹介させていただきました。
スプレー方式と水系洗浄剤を用いた洗浄を推奨しましたが、コーティングを行えば洗浄する必要はないのではないか?という疑問が出てきました。
それを踏まえた上で、フラックス残渣をなぜ洗浄しなくてはいけないのか?についてお伝えいたします。

ご紹介した5G対応の電子デバイスは、用途によっては人命やインフラにも関わるため、より高い「信頼性」が要求されています。
部品の清浄度を得る手法として、日本では無洗浄化が進んでいますが、洗浄への見直し機運は高まっています。
しかし、高精度な電子デバイスは、洗浄の難易度が高いだけでなく、「清浄度」の評価方法も問題となっています。
製品検査後、不良が生じてしまう事例が増加している現状があります。

弊社の技術記事では、そのような不良の発生要因と有効な分析手法をご紹介しています。
詳細は、下記よりご覧ください。

連絡先

PCB 洗浄

電話: 0467-53-8658

無料洗浄テストご希望の方はこちら