洗浄・リンス工程の検討

洗浄工程・リンス工程を構築する上で検討する項目は、洗浄剤・洗浄方式・温度・時間・部材適合性の5つです。

導入するまでには、様々なパラメーター設定をしテストを行うことをおすすめします。

乾燥工程の検討

乾燥手法は真空乾燥と温風乾燥の2種に大別されます。

生産タクト・コストの観点から温風乾燥の手法を取ることが多いです。

真空乾燥は減圧の必要性があるため時間がかかってしまいますが、狭い空間の乾燥性に優れ、複雑なパッケージ部品や多層化したワークに用いられることがあります。

5Gにおけるフラックス洗浄の課題について解説した技術資料も無料で提供しておりますので、ぜひご覧ください。

>5G運用を迎えて パワーデバイスの進化と課題 ~デジタル社会は新たな境地へ~ の技術記事はこちら

 

ゼストロンでは、弊社テクニカルセンターでの無料の洗浄テストを通して、お客様に合ったフラックス洗浄のプロセス構築をお手伝いいたします。

関連記事

連絡先

PCB 洗浄

電話: 0467-53-8658

無料洗浄テストご希望の方はこちら

KOKI