水系洗浄剤とは?

洗浄剤は大きく分類すると「溶剤系」「準水系」「水系」に分別されます。
ゼストロンでは、「水系洗浄剤」を水が主成分を占めるものと定義しています。

【洗浄剤の種類 】
水系洗浄剤 ... 水が主成分を占める洗浄剤
準水系洗浄剤 ... 水の含有率が約50%の洗浄剤
溶剤系洗浄剤 ... 有機溶媒が主体の洗浄剤

水系洗浄剤においては、アルコールとの混合溶液や、炭化水素とのブレンドなど、多種多様の洗浄剤が生み出されています。

 

 

水系洗浄剤においては、アルコールとの混合溶液や、炭化水素とのブレンドなど、多種多様の洗浄剤が生み出されています。

 

 

水系洗浄剤の導入にあたって気を付けるべきポイント

水系洗浄剤の導入の際は、洗浄剤内の水成分比を確認することを推奨いたします。

「水系洗浄剤」と呼称されている製品の中には、有機溶剤に対し若干量の水を添加した製品(例:水が10%ほどの添加)であっても水系洗浄剤と呼称するものもあります。

仮に水以外の化学物質は全て大なり小なり危険なものを考えると、その絶対量を減らすことで、安全性を高めることができます。

▼安全性の比較

▼安全性の比較

ゼストロン水系洗浄剤の特徴

ゼストロン水系洗浄剤の特徴

  • 引火性なし
    もし水成分の割合が少なくなってしまっても、不燃性・安定性が高いものを原料としているため、引火する危険がありません。
  • 独自の洗浄剤テクノロジーにより優れた洗浄性
    MPC®HYDRON®FAST®テクノロジーなどの技術を開発しました。
  • VOC含有量が非常に低い
    作業者や貯蔵庫の安全性を高めるだけでなく、環境にも優しい点です。
  • 様々な洗浄装置(スプレーや超音波など)の選択が可能
    各洗浄装置に対応した洗浄剤がラインアップされており、最適な洗浄剤の選択が可能です。

ゼストロンでは、お客様の用途に合わせた洗浄剤の提供だけでなく、洗浄機の導入も含めた運用サポートも実施しております。

弊社テクニカルセンターでの無料の洗浄テストを通して、お客様に合った洗浄プロセスをご提案させていただきます。

連絡先

PCB 洗浄

電話: 0467-53-8658

infojapan(at)zestron.com

~技術記事を公開中~

有機溶剤削減の実情