分析センター

FT-IR 有機物残渣の分析

FT-IRは、測定対象物に赤外光を照射し、透過または反射した光量を測定することで、対象となる物質を特定することができる分析手法です。フラックス残渣成分の分析に有効で、目視では確認できない透明化した残渣成分であっても、有機物であれば検出できます。

そのため、残留物質がフラックスによるものなのか、洗浄液等の残留による影響かなど、詳細な起因分析が可能です。

また、顕微鏡タイプのFT-IRでは、洗浄対象物表面を拡大視野でピンポイント測定する事ができ、非常に高精度な分析を行う事が可能です。

弊社分析センターでは、FT-IRなどの分析装置を保有しており、分析目的に応じた測定が可能です。

洗浄だけでなく、洗浄後の清浄度分析もサポートさせていただきます。

洗浄に関するお困り事がある場合は、ぜひinfojapan(at)zestron.comまでお問合せください。

連絡先

電話: 0467-53-8658